創造性を生むことができるIT職場

近年、IT業界のオフィスが話題になっています。
職場環境にこだわる人は、自分たちに創造性の刺激を与えてくれる職場を思い切って見つけるのも良いのではないでしょうか。
仕事がしやすいという基本以上に、創造性を発揮し、発想の転換を行うための精神状態を見つけてみたいですよね。

オフィスの色彩を変えてムードを変えると、人間の生産性に与える影響があると言われています。そこは基本でしょう。
それ以上に、現在一線で働く人たちの世代が、発達するゲームや映画、驚くような特殊効果などをもって刺激的な要素を受けて育ってきたことを考えると、もっと視覚的な刺激を与えてみても良いと思うのです。

「気晴らしも必要だと思うんです」と、IT関連の仕事をしている女性が控えめに言いました。
しかし日本社会というのはどうしても「気晴らしばかりになってしまうのでは?」とか「社員が気晴らしをする時間も、会社は給料を払っているんだから」という四角張った考え方をする経営者がまだまだ多い。
別にイタリアのシェスタのような大きな気晴らしや休息を望んでいるわけではないのです。そのささやかな背筋を伸ばす時間が、次の段階への一歩になるのです。

「社員が自由に休憩に使えるリフレッシュスペースや、カフェタイムに使えるブース」「人に優しい空調」「ライブラリや情報収集のためのスペース」そんな職場に対する声が上がっています。
社員間のコミュニケーションに貢献できる職場環境になれば、なお良いでしょう。

また、日々急成長をとげるIT業界にあっては、成長のチャンスを提供し、長期的なキャリアを目指していくものであって欲しいですね。35歳くらいまでが実質的なIT技術者という観念を打破していく姿勢が、企業側や職場の意識にもっとあっても良いはずなのです。

どんな職業でも、どんな企業でも、経営活動を永遠に続けていくというコンセプトで行われています。
それならば、もっと将来に向けて人材を育て、組織のリーダーや人事担当者は長期的な計画をもって後継者育成に励まなければいけません。
新しいスキルを身に付ける機会を作ったり、努力する人材に新しいステップを準備したりすることは、企業の明日を作る大切なことでもあります。
これまで、社員のステップアップを援護しても、ステップアップしたところで他の条件の良い会社へ鞍替えされてしまうという懸念がありました。

しかしそこにこだわっていると、その前段階でステップアップやスキルアップするために、人材が流出してしまう恐れがあります。
IT社会を支える業界において、これからを見定めていくならば、まずは身近な職場環境から改善することが先決だと思うのです。
その選択肢のひとつとして最近ひそかに人気急上昇の「在宅」。自由にライフスタイルを設定しやすいことからスキルをもったエンジニアに人気です。
企業・在宅どちらのポジションがより自分を輝かせることができるのか、ぜひ選択してみませんか?在宅プログラマのリアルな声を聞いてみたい方はこちらもあわせてどうぞ>>【在宅プログラマ入門書

Comments 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>